記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺類食えない病【閲覧注意】

たまにはふざけた記事も…と言いたいところなんだけどふざけてないんだなこれが。
俺は年に一度ぐらいのスパンで麺類が食えない時期が来る。
一般的に麺類が食えない人って大体は蕎麦とか小麦のアレルギーによるものなんだけど、俺の場合少し違う。
あの麺の長さ、柔らかさ、ウニョウニョグニョグニョした感じ(頭悪そう)がたまらなく気持ち悪く感じてしまう。

なんかミミズとかの虫とか、腸とかの臓器を想像してしまうんだね。

常にそういう状態なわけじゃなくて、年に一度、3,4日の間食えなくなる。

何かしらのトリガーがあってそうなると思うんだけど、「多分これかな」ってのはあっても確実にそうとも言い切れないんだな。

多分これかな、ってのはスプラッター映画とかのグロシーン。
昔から結構感受性が強い(というのか微妙だけど)から、そういうが精神状態にすぐ影響を及ぼすタイプなんだと思う。

でもね、スプラッター映画とか結構好きでよく見るんだけど必ずしも見たあと食えなくなるかっていうとそんな事はなくて、大腸小腸ドバーー!!!みたいなシーンを見ながらナポリタン食ってる時もあるぐらい。

スプラッター映画+何かしらの条件が揃って初めてトリガーになるみたいなんだけど、それがわからないんだよなあ…。

同じ悩みを持っている人がいないかと思ってググって見ても皆無。このブログを見て「俺も俺もーー」って人がいたら御一報下さいな。

この記事がきっかけで同じ悩み抱えるようになられても嫌なので、一応閲覧注意としておきました。
スポンサーサイト

コメント

No title

十年分足すと一ヶ月麺類食べられないことになる……難儀なことで。
自分はそういうのないな。

>>たばた
確かに…

飽食の時代って言われる現代ならではの贅沢な悩みなのかもねー。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。